読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てーりゃんの日常

季節の移り変わりや雑談ネタ、面白いと感じる事は何でも書いちゃいます。

京都にオープンした宿泊できる本屋さん

f:id:teeryan:20161202171624j:plain
泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」2号店が京都・祇園に12/2オープン 地ビールが楽しめるバーも 


キレイなネットカフェのような印象ですが
本好きの人にはたまらない空間でしょうね。
新しい取組みのわりには値段も高くないですし。

こういうサービスを公営の図書館でも
取組んで欲しいですね、本が大好きな人は
もちろんのこと、家じゃ集中できないので
夜通し図書館で受験勉強に徹したい学生や
作品作りに興じたい趣味人なんかにも
喜ばれると思います。

ただこうなってくると24時間の図書館で
宿泊スペースを設けるのが一番手っ取り
早いんですが、都内だと24時間の図書館って
ほぼ存在しないんですね。

あとは宿泊可能となると、間違いなく
宿無しの人が利用し出すようになるので
治安とかも悪くなるかな。その辺を考慮すると
無償だとかなり難しそうですが。

車と違って、めったに見れないバイクのテレビCM


80-90年代バイク関連CM集 - YouTube

CM関連の話ですが、バイク関連のCMも
あまり見なくなりました。恐らくは
ターゲットが限定的という点でしょうか。
二輪免許を持っている、買おうと思っているという
人に向けて、テレビCMというものを使っても
費用対効果が得られにくいからでしょうね。

反対に、車のCMをよく見るのは、家族において
生活必需品となっているからでしょう。CMの内容が
女性目線になっているのも、妻が家計を仕切ってる
家庭が多いって部分が起因しているのかな。

もっとも深夜番組とかバイクを扱った
番組とかには、スポンサーとしてバイクメーカーが
付いていることも多いので、しっかりとテレビで
宣伝されますね。ゴールデンだと原付が多いかな
ちょっと古いですが、スズキのチョイノリとか
放送してましたしね。

www.youtube.com

思い出せば、そんな数の少ないバイクの中でも
ホンダのCB1100はCMを打ち出していました。
ちょっとした大人の散歩をコンセプトにして
それなりにシリーズ化した記憶があります。

車種別特集 ホンダ CBR1100XX | バイクワンブログ


今になってCBシリーズの値が高いのも
数年前に前に小型二輪で国内販売台数1位に
なったからでしょう。テレビCMの影響力はすごいですね。

もちろん優れたバイクって点で評価されたって
部分も大きいんですが、やっぱり売上は
宣伝効果によるものも大きいと思います。

昔のテレビCMはジャンルが豊富だった

www.youtube.com


懐かしいCM集の動画を見ています。

昔は文房具とか、コンピューターゲームじゃない
普通のオモチャとか、農機とか、タバコの銘柄とか…
コマーシャルのジャンルも本当に多彩でした。
今ではどれもほとんど見ませんね。

 

www.youtube.com

中でも関東圏だけで放送されていた
中古レコード、CDショップ「ハンター」のCMは
とてもお気に入りです。音楽とは全く関係ない
遊園地の映像が無機質に流れたあとに
お店のロゴとともに「ハンタァー!!」と叫ぶ
シュールなCMです。たしかもう
1バージョンくらいあった気がしますが。

この声だけ、やたらと印象に残ってるせいで
何かの拍子にハンターという言葉を聞くたびに
あの甲高い声が脳裏に過ります。


あとはタバコのCMが少なくなったのも
恐らくは世の中の流れかもしれませんね
かつてはマルボロやリベラマイルドのCMが
ゴールデンタイムに放送されてました。

今は喫煙者がどんどん隅に追いやられていく
時代ですし。80年代の頃は駅のホームで
どこでもタバコが吸えました。

昔のほうが良かったとは言えませんが、ただ
規制に関しては本当にゆるいものでしたね…
とくにテレビは今放送したら大問題になる
レベルの内容ばかりでしたよ。

最近また「THE MAKING」の動画を見ています

THE MAKING (103)かつお節ができるまで - YouTube

最近また見るようになりました。


少し前にも紹介しましたが
工場で製品ができるまで一部始終の流れを
紹介してくれるザ・メイキングシリーズという
ものづくり動画です。


こういう製造ラインを見ていると
世間に出回っている商品がどのような
工程を経て出来上がってるのかが
解るようになります。そのせいか
買い物に行って商品を選ぶのが
とても楽しくなりますね。

 

f:id:teeryan:20161124173347j:plain

東京から日帰りで! 「ヤマサ醤油工場見学」はグルメもお土産も味わい満載 


それと西武線を利用してるとよく
工場見学の広告を見ることが多いんですが
結構早い段階で予約が埋まるので、レジャーという
側面でも、こういったツアーは人気なんだなぁと
実感します。おそらくは楽しいことに加えて
社会勉強にもなるという部分が人気の
秘訣なのかもしれません。

転職前は製造業で勤めてたこともあったので
機械を動かす側の目線も楽しいのですが
ユーザー目線になるとまた、違った目線で
工場の運営を楽しめるのはいいですね。

www.aim2u.jp

ウソの募金活動が暴かれた事例はとても珍しい

f:id:teeryan:20161110161937j:plain
<心臓移植>虚偽の募金会見、女性が謝罪(毎日新聞)

厚生労働省内で8日にあった、心臓病の児童が心臓移植を受けるための募金への協力を呼びかける記者会見の内容が、虚偽だったことが9日分かった。会見を開いた東京都内の女性(36)が虚偽を認めて謝罪した。会見の内容は、一部の新聞やテレビなどですでに報道されていた。

 

救う会を発足して募金を募るのは、そこまで
珍しくありませんが、ここまで大々的に
「ウソでした」と報道されるのは、中々珍しいです。

 

もちろん純粋に救いたいっていう気持ちで
募金を募る人が大半だと思いますが、扱う金額が
大きすぎるだけに、こういう事件が出てくるのも
何となくうなずける話です。

 

ただ冒頭の事例は、患者さえ存在しないような
全部をウソで塗り固めるお粗末なものだったので
もっと狡猾にお金だけを収集する団体も
少なからず存在すると思います。

 

例えば、患者は存在して募金も募ったのに、
結局ダメでした、という段階で有耶無耶にして
そのまま雲隠れするといった感じでしょうか…。

 

あとは、そういった慈善事業を活動目的とする
団体でも、着服のような不祥事は稀に発生したり
します。

 

こういう団体は、発足当時は創始者が本当に
善意のみで作って、それに賛同した人が続々と
集まって大きくなるものだと思いますが…
やはり入ってくる人がすべて同じ考えであるとは
限らないものですからね、途中で魔がさしたり
モノの考え方が変化したりして、悪事を働く人も
少なくないのだと推測します。

ハゲや抜け毛の原因は遺伝による部分が大きい

f:id:teeryan:20161107175117j:plain
抜け毛が増える秋こそしっかりと 男の抜け毛対策 - エキサイトニュース(1/3)

整髪時に注意して観察すると、秋の季節には、いつもより抜け毛が多いことに気づかされるはずです。成人男性は1日に50~100本程度の抜け毛があるものですが、秋にはそれがグッと増えて200~300本になります。また、なんとなく髪に元気がなく感じられます。


聞くところによると、抜け毛やハゲは
かなり遺伝によるものが大きいみたいですね。

この遺伝とは、単純にハゲやすいか否かという
ものではなく、「頭皮の汚れやすさ」というもので
頭皮が汚れやすい人は、汚れによって
毛穴が詰まることでハゲやすく、汚れにくい人は
毛穴が詰まらず健康な髪を保ちやすいので
ハゲにくくなるという理屈です。

そのため、親や先祖の写真を見ると、自分が
将来ハゲるか否かがすぐにわかるので
若いうちに思いっきり髪を楽しんでおくんだと
染髪やパーマを楽しんでた友人を思い出しました。

遺伝子という先天的なものが絡むので
今も昔もハゲの治療は難しいのですが
遺伝子研究がもっと発展すれば、髪が薄くならない
新たな治療法とかも生まれるんでしょうか…。
割と老年になってからハゲが進行する
家計に生まれたので、ちょっと気になりますね。

インフルエンザの予防接種を受けるくらい
気軽にハゲの治療に行ける時代がくれば
いいなと考えてます。

f:id:teeryan:20161107175214j:plain
プロペシアの正しい服用方法と処方【浜松町第一クリニック】


一応、植毛やカツラ以外にも
ハゲに効く治療薬というものも開発されていますが
今現在の効能は、「6%くらいの人に効く」くらいで
大部分の人は、進行を食い止める程度だそうです。

それでも塗り薬くらいしか無かった毛生え薬に
新しい可能性を見出したすごい代物なので
こっちのほうの発展もちょっと期待しています。

あとこの薬、安全性の観点から未成年だと
処方してくれないみたいですね…もっとも
未成年で薄毛に悩む人もそうそう居ないでしょうが。

早くも街はハロウィンからクリスマスムードに

f:id:teeryan:20161104170733j:plain
東急がディズニー1色で迎えるクリスマス - 東横線などラッピング電車も運行 | マイナビニュース

つい先日までハロウィンだったのにもう
クリスマスのニュースが報じられるように
なりましたね。まだ1ヶ月以上もあるのに。

経済を活性化させるという一点に目的を絞るなら
カップルとか恋愛に焦点を当てた行事を
月に1個くらいのペースで作ってもいい気がします。

盛り上がる行事は大体、消費を促すもの
ばかりなので、恋愛とか家族向けになってるのは
お察しの通りなので。節分や花祭りとか十五夜とか
日本古来の行事がそんなに盛り上がらないのは
消費行動に結び付かないのが理由なわけであって。
…節分は恵方巻でちょっと上向いてきましたが。


news.livedoor.com


盛り上がりを見せる一方でハロウィンが
好きでない人も少なくありませんが、
とくに経済効果が高い行事ってなんでしょうね。
家族や恋愛関係に即したものであれば…

2月のバレンタインデー
10月のハロウィン
12月のクリスマス

が三大経済的行事かなと思います。

あとは5月のゴールデンウィーク
9月のシルバーウィークのような大型連休も
経済効果が高そうですね。

もっとも消費行動を活性化させるためには
社会全体に余裕がなければいけないので
過密労働が問題視されてる現在では中々
うまく立ちいかないのが実情かなぁとも。

だれもがほどほどに働いて
余裕を持った生き方ができるようになれば
こういった行事を仕掛けずとも、経済は
活性化しそうなものですが…難しいですね。