読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てーりゃんの日常

季節の移り変わりや雑談ネタ、面白いと感じる事は何でも書いちゃいます。

道路の交通誘導をするロボットの動画


警備員より安く済む「警備ロボット」

ロボットが交通誘導をする時代が来ました。
カメラや警報機能、人間の識別センサーなど
様々な機能を備えたスーパーマシンとか。
センサーを光らせながら規則正しく
水平移動する姿が魅力的です。

ただ今のレベルでは警報を発したり
映像記録を残したりする程度の機能しか
備えていないそうなので、ちょっと
単独で警備にあたるとなるとまだまだ
先の未来になりそうです。

単独で警備する段階に達するための
障害のひとつとして、「武装」が考えられますね。
仮にショッピングモールやデパートでは強盗が
発生することもありますが。鎮圧するために
一般人を巻き添えにしたら、アメリカなので
ものすごい訴訟に発展するでしょうし
誤作動で無関係な人を誤射するような事故を
起こしてしまえば開発側の責任となりますし。

そういった安全性の理由からも、ロボットが
中々普及しないのでしょう。自動運転の車が
世の中に出回らないのもこの辺りが大きいんだと
切に思います。

 

www.youtube.com

http://www.securityguard-work.com/

どの施設にも多い配置場所の防災センターここで働くのに必要な資格『防災センター要員』や『自衛消防技術認定』です。

今の段階では人間の警備のほうが
機械よりも優秀ですね。ただ
誰でもできるような話ではなく、ちゃんとした
免許制になってるので、講習や勉強は必須です。

遠い未来には人工知能ももっと進化して、
人間よりも確実性の高い警備を行えるように
なるのかもしれませんけどね。


交通誘導でハタをふり続けてるくらいなら
動きが単純なのでロボットでも出来ますが
電源を切らない限り延々と仕事をし続けると
考えると、何か現代社会を皮肉っている
感じがして妙な気分になります。