読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てーりゃんの日常

季節の移り変わりや雑談ネタ、面白いと感じる事は何でも書いちゃいます。

花粉症の治療薬の開発競争が激化しています

f:id:teeryan:20160322104919j:plain
ワクチン使いがん・花粉症治療 製薬各社が開発競争 :日本経済新聞


副作用もなく完全に花粉症を治療できる薬が
開発されたらすごいですよね。花粉症は
後天的にも発病するらしいので無縁の私も
春先はかなり恐怖だったりします、えぇ。

新薬の開発には凄い費用が掛かりますが
臨床実験は動物から人間と段階を踏むので
費用だけじゃなく時間もかかるとか…。
それでも花粉症治療となると患者数を見ると
それだけの価値がある研究だとは思います。

 

https://www.hama1-cl.jp/viagrageneric/

新薬を世に出すには150~200億円といわれる開発費と、10~15年という開発期間がかかります。新しい物質を見つけるところからはじめ、動物での非臨床試験、ヒトでの臨床試験など、さまざまな研究・実験、承認審査が必要です。

もっと手っ取り早い方法となると
杉の木の完全な駆逐なのですが、木が
無くなったら無くなったでまた新たな
松とかヒノキの花粉あたりが猛威を振るう
気がしてなりません。

花粉だけを完全にガードする
マスクの開発も進んでますが
目元とかが疎かですし。やっぱり根本的な
治療薬とか技術の開発が待たれます。

www.j-cast.com