読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てーりゃんの日常

季節の移り変わりや雑談ネタ、面白いと感じる事は何でも書いちゃいます。

「できちゃった結婚」は批判の対象か否か


批判を受けやすい「できちゃった結婚」のメリット4つ - Peachy -

このメリットと呼ばれてる部分そのものが
まさに批判されている部分な気がしないでもないです。
マイナビらしい記事と言えばそれまでですが。

「勢いで結婚できる」部分の文末を「勢いで結婚してしまった」
「親を説得しやすい」部分は「親を説得せざる得ない」と書くだけで
たちどころに意味合が変わってくるのですから、価値観の違いかな。

しっかり育てられるのなら私としては問題無いだろうと言う感覚です。
つい先日は成人式でしたが私が成人式に参加した時は
すでに「子供を連れて来ている同級生」が数名いました。
多分これも勢いで結婚した内だと思います。

f:id:teeryan:20150113165943j:plain
マタニティ|フォトウェディング・結婚写真のaim│東京・原宿

身籠った方でも負い目を感じず式が出来たり結婚写真が撮れる
サービスも多いようで、ビジネスとして成り立つほど需要があるのですね…。

日本は14%程度のようですが、国外に目を向けてみると
「デキ婚」が一番多い国は45%でロシアだと聞きます。
どこの国でもマイノリティは批判の対象ですがここまでの数値だと
さすがに国民の意識も「そんなの普通だろう」になるのかな。

あと妊娠させた相手にショットガンを持って責任をとるよう
脅すということからアメリカではデキ婚を
「ショットガンウエディング」と称するとか…言い得て妙な単語ですねコレ。