読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てーりゃんの日常

季節の移り変わりや雑談ネタ、面白いと感じる事は何でも書いちゃいます。

ゴキブリを駆除するたったの2つ方法


反射神経発達のゴキブリ 人間に当てはめると時速170kmにも -
Ameba News [アメーバニュース]

「1匹見つけたら30匹」とも言われていましたが現在は
「1匹見つけたら500匹」ですか、ふれ幅が物凄いですね…。

色々とゴキブリ(文字を見たくないので以下「G」と表現)
駆除に関しては若いうちから勉強し、実践をしてきたので
人に教えられるほどに熟練してると自負してます、嫌な自信ではありますが。
まずG駆除は大きく2つの手段に分ける事が出来ます。

①、侵入経路を塞ぐ。
②、潜伏している残党を退治する。

まず①に関しては「Gは数ミリの隙間からでも侵入する」と言う事を念頭に
「外部から侵入される可能性のある隙間を塞ぐ」事ですね。
玄関ドアのスキマから換気扇に至るまで、可能性すべてを
目張りテープで補強したりフィルターを付けたりします
エアコンの室外機も忘れがちですが立派な侵入経路ですね。

f:id:teeryan:20141105162503j:plain f:id:teeryan:20141105162517j:plain

そして②に関しては、またここから3種類に細分化するのですが。
・設置型(粘着)、Gホイホイ等の粘着シート型のモノ、流し台の下などに設置。
・設置型(エサ)、ホウサン団子やコンバットのような毒入りのエサ。
・ガス散布型、バルサンのように煙を撒くタイプ、プロ用も存在する

一時的な駆除を考えると粘着設置型でしょうが、長期的に見ると
一番効果的なのは間違いなく「エサ設置型」です、他の二つには出来ない
「巣に潜んでいる仲間も道連れにする」と言うパワーがありますので。

初夏のシーズンに向けて春先に設置しておくと効果的ですね
ただ半年以上設置してると毒素が抜けて「単なるエサ」になってしまうので
定期的な交換をおすすめします、「現在進行形でGに悩んでる方」
「ガス散布型を1週間ごとに使いつつエサ設置型を各所に仕掛ける方法」
一番正しいやり方と思いますね、オフシーズンの内に
手を打つことを推奨します。

どうしてもの場合Gの駆除は業者にお願いすると言う手段もあれど
「業者を使うほど害虫が湧いた家」とウワサが瞬く間に広まりそうで
如何せん抵抗がありますしね、自分の家は自分で守りましょう、借家とて